いち漫画好きの日記
自分の持ってる漫画や漫喫で読んだおすすめ漫画などの紹介とともに人生初の日記に挑戦。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
有頂天ホテル
有頂天ホテル見てきました。

三谷幸喜監督の新作でさすがに人が多かったです。

舞台は大晦日の夜、あるホテルの出来事。
ちょっとわけありの客たちとホテルの人間たちの
おりなすドタバタコメディー。

見所は何よりも豪華キャスト。
よくもこれだけ集めたなというメンバーです。
しかもみな一癖も二癖もあるような役柄でした。
特にオダギリジョーと唐沢寿明。
二枚目で他なら主役を張ってもおかしくないようなこの二人が、
ちょい役でかなりかわった役柄をしていたのには笑えました。

この映画は感動映画ではありません。
特にストーリがあるわけでもありません。
場面がころころ変わり、展開がとても速いです。
しかし随所に笑えるところがあり三谷幸喜ワールドが楽しめます。
見に行く人は何も考えずに見ることをおすすめします。
きっと楽しめることでしょう。

スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

小説、小説、小説
小説がんがん読んでます。

まず前回に引き続き灼眼のシャナ11巻。

灼眼のシャナ (11)
高橋 弥七郎

灼眼のシャナ (11)
灼眼のシャナ〈10〉 灼眼のシャナ0 灼眼のシャナ〈9〉 灼眼のシャナ〈8〉 灼眼のシャナ (7)
by G-Tools

今回は学園祭が舞台です。
紅世の徒との激しいアクションはありません。
ですが次への伏線もばっちりではやく次が読みたくなります。
シャナもどんどん積極的になってきて、
なんだか吉田さん劣勢かなって感じです。
悠二はさらに複雑なことになりどんどん人間離れしていきます。
この先、悠二とシャナはどうなっていくんでしょう。
そしてその周りの人は。
楽しみです。


次に長らくほかっていたまぶらほを読みました。

まぶらほ―デソレイション・エンジェルス
築地 俊彦

まぶらほ―デソレイション・エンジェルス
まぶらほ~ふっかつの巻・きた~ まぶらほ~ふっかつの巻・せいほく~ まぶらほ ~ふっかつの巻・にし~ ご愁傷さま二ノ宮くん(4) 風の聖痕(6) ─疾風の槍─
by G-Tools

久々の長編。なんかのりがいつもと違って違和感ありました。
だってほとんどシリアスですから。
夕菜が精神的にどんどん追い詰められていく様は
読んでいてあまりすきっとはしませんでした。
さらにかおり先生があんなことに。
とにかく怒涛に話が進んでいってびっくりしました。
次も出来るなら長編でいって欲しいものです。
間に短編が挟まると忘れてしまいますからね。


最後にエル・ウィン。

ハッピー・エンドレス―エル・ウィン武官弁護士事務所業務日誌〈2〉
鏡 貴也

ハッピー・エンドレス―エル・ウィン武官弁護士事務所業務日誌〈2〉
武官弁護士エル・ウィン 私が望んだ私の世界 EME RED〈6〉BLUE MOTHER VS RED BABY 伝説の勇者の伝説(9) 完全無欠の王様 召喚士マリアな日々 熱湯編 夢は楽しく見たいです―どりーむ・まいすたぁ
by G-Tools

ミアのがんばりが爆発しています(もちろん妄想も)。
いやーすごいパワーですよ。
恋する乙女は強いね。
しかし最後はシリアスな感じで。
本編を思い起こさせる内容でした。
ぜひハッピーエンドで終わって欲しいものです。

それにしても鏡貴也先生はすごいな。
あとがきにも書いてあったけど、
ここ数年富士見でたくさん本を出すランキングNO.1らしいです。
やっぱりなー。
週間連載の単行本より多く出してる気がするもんな。
このままのペースでがんばって欲しいですね。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

ターミナル
銀色の神のアギトが不発だったので
というわけではないんですが、
TUTAYAがちょうどレンタル100円をやっていたので
前から見たかったトム・ハンクス主演の「ターミナル」を借りてきました。

ターミナル DTSスペシャル・エディション<2枚組>
トム・ハンクス スティーブン・スピルバーグ キャサリン・ゼタ=ジョーンズ

ターミナル DTSスペシャル・エディション<2枚組>
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン コールドマウンテン 遥かなる大地へ ミスティック・リバー エクソシスト ディレクターズカット版
by G-Tools

これがなかなか満足でした。


人はみな何かを待ち続けている。

男は待ち続ける。

約束を守るため。


空港から出ることが出来なくなった男がそこで
色々な人に出会い、様々な出来事にめぐり合う。

友情あり、恋愛あり、
さらに一文無しでもたくましく生活していく様は
なかなか痛快で面白かったです。

やっぱ映画はいいですね。
また、いい映画見たいですね。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

銀色の髪のアギト
銀色の髪のアギト見てきました。

いやーひどかったです。
なんか色々詰め込もうとしているのに
どれも中途半端な感じでうすっぺらい内容になってました。

無理な展開があったり、説明足らずだろって思う部分も多かったし、
主人公もヒロインが好きで一途に追っかけるんだけど、
どこで好きになったの?ってぐらいヒロインとの間には
何にもなかったような気がするし。(まあ一目ぼれ?)
なんかだかなーって感じでした。

もっとある一部分にスポットをあてて、
深くいったほうがよかったんじゃね?って感じです。

まあよかった点は映像がきれいってとこと、
KOKIAってひとの歌ぐらいですかね。

あ、あとよいこの濱口はまあまあがんばってました。

いい映画みたいなー。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

灼眼のシャナ
一気に買ってしまいました「灼眼のシャナ」。
アニメもやってるみたいで、いい調子みたいです。

灼眼のシャナ〈10〉
高橋 弥七郎

灼眼のシャナ〈10〉
灼眼のシャナ (11) 灼眼のシャナ〈8〉 灼眼のシャナ (7) 灼眼のシャナ〈6〉 灼眼のシャナ (5)
by G-Tools

現在10巻を読み終えたとこです。
シャナの前の炎髪灼眼の討ち手の話でしたが、
なかなかのボリュームでした。
これまで出てきたキャラもたくさん出てきていて
なかなかよかったです。

しかもこの巻で、紅世の徒に対するイメージも結構かわりました。
これまではこいーキャラばっかで紅世の徒ってのは
わがままで変なやつらばっかりだと思っていました。
でも今回出てきた紅世の徒は義に熱いやつがいたり、
みょーに臆病なやつがいたり、そんな臆病なやつをいじめながらも
好きなやつがいたりとなんだかかなり人間くさいんです。
それがなんかいい感じでよかったです。

ちなみにこの巻で気に入った紅世の徒はイルヤンカ、
ウルリクムミ、モレク、チェルノボーグです。

魅力のあるキャラが多く読んでて面白いです。

続いて現在最新刊の第11巻を読みたいと思います。
今度はまた本編に戻り話が進むみたいです。
楽しみです。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

就活 その3
ある企業のセミナーに行ってきました。
これで2回目。
前回はあまりしゃべれなかったんで今回は頑張るつもりで行きました。

内容は前回の企業とほぼ同じでした。
まずその企業の説明があって、次にグループワーク。
最後に社員の方の話を聞き、今後の日程で終わり。
こんな感じでした。

前回失敗したグループワーク、
今回は積極的に意見を言うよう心がけました。
それに終わってからも社員の人に質問したりと
結構がんばりました。

これからも頑張っていこう。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

破壊魔定光
久々だ。
いやーなんだか正月気分が抜けずになかなか更新できませんでした。
スノボー行ったりしてたし。
まあのんびりやっていこう。

ということで(どういうこと?)破壊魔定光第12巻買いました。
なんとこの巻で最終巻。

破壊魔定光 12 (12)
中平 正彦

破壊魔定光 12 (12)
破壊魔定光 11 (11) 破壊魔定光 10 (10) ジオブリーダーズ 11 (11) 史上最強の弟子ケンイチ 19 (19) 美女で野獣 7 (7)
by G-Tools

始めは永遠に宇宙を彷徨うはずの流刑体(ルケイタイ)と呼ばれる
罪人が何故か地球に次々とやってきて、
そいつらを回収するためやってきた随行体(ヘルメット型のデータ生命体)
をパートナーに倒していくという話でした。
しかし実は流刑体とは、平行宇宙における定光自信だった!
とかいうことになってきてから??ってなるのが多くなってきました。
何でこんな知識があるんだってくらい難しい理論があったりもして
ついていけないところもありますが、バトルやキャラは面白いです。
だからあまり深く考えないほうが楽しめると思います。

あー買ってる漫画がまた減ったなー。
寂しいです。
また何か発掘せねば。

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

あけましておめでとうございます
ちょっと遅れましたが、
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

年末年始に小旅行に行ってました。
初日の出を見ようと思ったんですが、
あいにくの曇りで残念でした。

ですがまあ楽しかったのでよかったです。
いい年にしたいです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

copyright © 2005 いち漫画好きの日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。