いち漫画好きの日記
自分の持ってる漫画や漫喫で読んだおすすめ漫画などの紹介とともに人生初の日記に挑戦。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
火魅子炎戦記5
火魅子炎戦記5買って読みました。

火魅子炎戦記〈5〉
舞阪 洸

火魅子炎戦記〈5〉
火魅子炎戦記 百華繚乱編 ―ひみこえんせんき― 火魅子炎戦記(4) 火魅子炎戦記(3) 神洲天魔鏡(5) 神の洲、天と魔を喚ぶ銅の鏡 火魅子炎戦記(2)-ひみこえんせんき-
by G-Tools

これは火魅子伝の続編です。
普通の高校生だった主人公の九峪が突然3世紀の九州にタイムスリップ。
元の世界に戻るためには狗根国によって滅ぼされた耶麻台国を復興させ女王火魅子を立てなければならないといったものだった。

火魅子伝では九峪は耶麻台国復興軍を連戦連勝に導き、何とか九州に耶麻台共和国を建国しました。

この世界には方術という力があったり魔人といったものまで出てきます。またなぜかたくさんいる火魅子候補の女の子に囲まれうはうはの九峪も見ものです。
全10巻もあり読み応えもあり。

そしてこの火魅子炎戦記ではついに狗根国とのガチンコ対決!!
色々な思いが渦巻く中どんどん物語が進んでいきます。

5巻では久峪が初めて戦の残酷さに直面してしまい心が折れてしまう。

九峪が使えない状況でこれからどうなるのか?
九峪はいつ復活するのか?

続きが早く読みたい!!
スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

小説、小説、小説
小説がんがん読んでます。

まず前回に引き続き灼眼のシャナ11巻。

灼眼のシャナ (11)
高橋 弥七郎

灼眼のシャナ (11)
灼眼のシャナ〈10〉 灼眼のシャナ0 灼眼のシャナ〈9〉 灼眼のシャナ〈8〉 灼眼のシャナ (7)
by G-Tools

今回は学園祭が舞台です。
紅世の徒との激しいアクションはありません。
ですが次への伏線もばっちりではやく次が読みたくなります。
シャナもどんどん積極的になってきて、
なんだか吉田さん劣勢かなって感じです。
悠二はさらに複雑なことになりどんどん人間離れしていきます。
この先、悠二とシャナはどうなっていくんでしょう。
そしてその周りの人は。
楽しみです。


次に長らくほかっていたまぶらほを読みました。

まぶらほ―デソレイション・エンジェルス
築地 俊彦

まぶらほ―デソレイション・エンジェルス
まぶらほ~ふっかつの巻・きた~ まぶらほ~ふっかつの巻・せいほく~ まぶらほ ~ふっかつの巻・にし~ ご愁傷さま二ノ宮くん(4) 風の聖痕(6) ─疾風の槍─
by G-Tools

久々の長編。なんかのりがいつもと違って違和感ありました。
だってほとんどシリアスですから。
夕菜が精神的にどんどん追い詰められていく様は
読んでいてあまりすきっとはしませんでした。
さらにかおり先生があんなことに。
とにかく怒涛に話が進んでいってびっくりしました。
次も出来るなら長編でいって欲しいものです。
間に短編が挟まると忘れてしまいますからね。


最後にエル・ウィン。

ハッピー・エンドレス―エル・ウィン武官弁護士事務所業務日誌〈2〉
鏡 貴也

ハッピー・エンドレス―エル・ウィン武官弁護士事務所業務日誌〈2〉
武官弁護士エル・ウィン 私が望んだ私の世界 EME RED〈6〉BLUE MOTHER VS RED BABY 伝説の勇者の伝説(9) 完全無欠の王様 召喚士マリアな日々 熱湯編 夢は楽しく見たいです―どりーむ・まいすたぁ
by G-Tools

ミアのがんばりが爆発しています(もちろん妄想も)。
いやーすごいパワーですよ。
恋する乙女は強いね。
しかし最後はシリアスな感じで。
本編を思い起こさせる内容でした。
ぜひハッピーエンドで終わって欲しいものです。

それにしても鏡貴也先生はすごいな。
あとがきにも書いてあったけど、
ここ数年富士見でたくさん本を出すランキングNO.1らしいです。
やっぱりなー。
週間連載の単行本より多く出してる気がするもんな。
このままのペースでがんばって欲しいですね。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

灼眼のシャナ
一気に買ってしまいました「灼眼のシャナ」。
アニメもやってるみたいで、いい調子みたいです。

灼眼のシャナ〈10〉
高橋 弥七郎

灼眼のシャナ〈10〉
灼眼のシャナ (11) 灼眼のシャナ〈8〉 灼眼のシャナ (7) 灼眼のシャナ〈6〉 灼眼のシャナ (5)
by G-Tools

現在10巻を読み終えたとこです。
シャナの前の炎髪灼眼の討ち手の話でしたが、
なかなかのボリュームでした。
これまで出てきたキャラもたくさん出てきていて
なかなかよかったです。

しかもこの巻で、紅世の徒に対するイメージも結構かわりました。
これまではこいーキャラばっかで紅世の徒ってのは
わがままで変なやつらばっかりだと思っていました。
でも今回出てきた紅世の徒は義に熱いやつがいたり、
みょーに臆病なやつがいたり、そんな臆病なやつをいじめながらも
好きなやつがいたりとなんだかかなり人間くさいんです。
それがなんかいい感じでよかったです。

ちなみにこの巻で気に入った紅世の徒はイルヤンカ、
ウルリクムミ、モレク、チェルノボーグです。

魅力のあるキャラが多く読んでて面白いです。

続いて現在最新刊の第11巻を読みたいと思います。
今度はまた本編に戻り話が進むみたいです。
楽しみです。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

新ロードス島戦記 第5巻
新ロードス島戦記(5) 終末の邪教(上)
水野 良

4044604290
新ロードス島戦記〈4〉運命の魔船 魔法戦士リウイ ファーラムの剣 呪縛の島の魔法戦士 デュアン・サーク (2-6) 新ロードス島戦記〈2〉新生の魔帝国 スレイヤーズすぺしゃる(25) 騎士道のススメ
by G-Tools

新ロードス島戦記 第5巻読みました。

新ロードス島戦記の内容としては

ロードス島、アレクラスト大陸の南に浮かぶ辺境の島であり、
魔物どもが跳梁し激しい戦が続くため、大陸の住人たちは
「呪われた島」と呼んでいる。
しかし、ここ50年ほどに起こった3つの大戦の結果、
ロードスは平和と安定の時代を迎えようとしていた。
ロードスの南東に位置する暗黒の島マーモをのぞいては・・・。

このマーモに公王としてやってきた主人公のスパークが
仲間たちと共に苦難を乗り越えながら、マーモを変えていく
という感じになっています。

クライマックスが近づいています。
本巻ではカーディス教団と全面対決になっており、
スパークが危機に瀕しています。
次巻では決着がつくことでしょう。

やっぱり水野良は天才ですよ。
ほんと読んでいるうちにどきどきして引き込まれていきます。
しかも主人公だけでなく、脇キャラまで魅せられます。
この巻でもエレーナがとめようとするにもかかわらず、
ウッデンたちが死を覚悟で怪物に突撃していく
あたりはマジでぐっと来ました。
ウッデンかっこよすぎる。

題名に新という言葉が入っているとおりこのシリーズの前には、
ロードス島戦記とロードス島伝説という話があるんですが、
ロードス島戦記は最高です。
主人公のパーンとエルフのディードリットの活躍は
何度読んでもいいですよ。
私はこちらのほうが好きです。

次巻ではなんとこのパーンたちが登場するということです。
楽しみだー。
できるだけはやく出てくれるといいな。

4044604010
ロードス島戦記
水野 良

関連商品
ハイエルフの森―ディードリット物語
黒衣の騎士
ロードス島伝説〈2〉天空の騎士
ロードス島伝説―亡国の王子
ロードス島伝説〈3〉栄光の勇者
by G-Tools

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

風の聖痕 第6巻
風の聖痕(6) ─疾風の槍─
山門 敬弘

4829117699
伝説の勇者の伝説(9) 完全無欠の王様 風の聖痕Ignition2 僕だけのマドンナ ご愁傷さま二ノ宮くん(4) スクラップド・プリンセスサプリメント(5) 語られざる譚詩曲 召喚士マリア(4) 眼差しに切なさを、沈黙に優しさを。
by G-Tools

風の聖痕 第6巻読みました。

風の聖痕、内容は

古より日本を陰から支えてきた炎術師の一族神凪家。
炎術の才能がなかった主人公、和麻は一族を追放されることとなる。
しかし名前を八神和麻と変え戻ってきた和麻は精霊王と契約交わし
最強の風術師となっていた。
和麻は神凪家の正統後継者綾乃と共に様々な事件を解決していく。

といった感じです。
バトルはもちろんのこと
ふてぶてしいまでの和麻の態度、
そしてそんな和麻に振り回される綾乃、
かわいい煉など見所いっぱいです。

この巻では綾乃の持つ炎雷覇以外の神器が出てきます。
さらにその陰には精霊喰いと呼ばれる存在まで出てきて、
不穏な空気です。
話は終わっていなくて次の巻まで持ち越しです。

次が早く出してほしいな。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

スクラップド・プリンセス
4829117648スクラップド・プリンセスサプリメント(5) 語られざる譚詩曲
榊 一郎

スクラップド・プリンセス・サプリメント4 竜乙女の変奏曲 伝説の勇者の伝説(9) 完全無欠の王様 ザ・サード 今日の午後は 召喚士マリア(4) 眼差しに切なさを、沈黙に優しさを。 風の聖痕(6) ─疾風の槍─

by G-Tools
スクラップド・プリンセス サプリメント5買って読みました。

とうとうラストです。
スクラップド・プリンセスシリーズ短編を含めて18冊か、
長かったね。でもしっかり終わってくれて満足です。

内容は「世界を滅ぼす」と予言された、
スクラップド・プリンセス<廃棄王女>のパシフィカは
国から追われることになり、当てのない旅に出ることに。
パシフィカを狙ってくる様々な暗殺者や秩序守護者から
パシフィカを守るためにシャノン(義兄)とラクウェル(義姉)は戦う。
戦いは次第に激化していき、そして・・。
みたいな感じですかね。

途中からこのピースメーカーとの戦いがぶっ飛びすぎて
どうなるかと思ってましたが、まあなんとか問題なくついていけましたし、よかったと思います。

シャノンとパシフィカがどうなったとかちょっと気になりますが、
まあしゃーないっすね。
作者の榊一郎さんはもう違う作品を書き始めているみたいで、
機会があったら読みたいと思います。
それよりストレイト・ジャケット早く続き出ないかなー。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

伝説の勇者の伝説
4829117680伝説の勇者の伝説(9) 完全無欠の王様
鏡 貴也


by G-Tools
伝説の勇者の伝説 第9巻-完全無欠の王様-
買ってもう読んでしまいました。一気です。
やっぱおもれーよ。

今回はなんだか色々な事が起こってます。
伏線もいっぱい張ってあって、読み応えばっちりです。

今回は、はじめはなんだかライナがいじめられたりと、
とりあえず伝雄伝のようなのりだったのに・・。

気になるのは

・ミルクが養われていたカラード家の者が殺されていた。
(しかもこれをやったのはローランドの陰で暗躍している貴族らしい)

・ジェメル(とりあえず伝雄伝に出ていたキャラ)が出てきました。
しかもなんかミラーと結婚していて子どもまでいるし。
ピアやペリアも出てくるのかな?

・シオンがーー!!別人みたいになってます。
何が起こったんだ!?

ってとこかな。

そしてこれが一番

・ライナが死んじゃったーーーー!!!
え?なんで?誰が?どうして?
そのときライナの背後から声をかけたのは?

うわーどうなってんだー。
怒涛のように物語が動いてます。
気になるー。

早く次が読みたいよー。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

伝説の勇者の伝説 新刊情報
私は小説も読んでいて、その中でも今は鏡貴也さんが一番好きですね。
その鏡貴也さんの公式ホームページで新刊情報がありました。

伝説の勇者の伝説9 完全無欠の王様が10月20日発売!!
だそうです。おすすめですよ。

そして10月には、富士見の創刊フェアがあって、
そのフェアで伝勇伝がメインビジュアルをやるらしです。
すげーよ。この調子でがんがんがんばってほしいものです。

早く読みてーよー。

4829117680
伝説の勇者の伝説(9) 完全無欠の王様
鏡 貴也

by G-Tools

   

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

copyright © 2005 いち漫画好きの日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。