いち漫画好きの日記
自分の持ってる漫画や漫喫で読んだおすすめ漫画などの紹介とともに人生初の日記に挑戦。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スタンドアップ
スタンドアップ 特別版スタンドアップ 特別版
マイケル・サイツマン ニキ・カーロ シャーリーズ・セロン

フライトプラン ロード・オブ・ウォー クラッシュ Mr.&Mrs.スミス プレミアム・エディション ミュンヘン スペシャル・エディション

by G-Tools


スタンドアップ見ました。

この映画は事実に基づいたもので、
女性に対するセクハラの史上初の集団訴訟を描いた映画です。

この物語の主人公は2人の子どもを持つシングルマザーであり、
自らの力で家族を支えるために鉱山で働き始めます。
しかしそこで様々な嫌がらせにあい会社を訴えることにするのです。

力あるものが弱いものを傷つけていたら黙っていてはいけない。
一人一人が少しの立ち向かう勇気を持つことが大切。
そんなことを思いました。
裁判のシーンではほんと感動しました。

またこの映画のもうひとつの見所は「親子の愛情」です。
主人公とその子どものこともありますが、
私的には主人公とその両親。この関係に非常に熱いものを感じました。
主人公の父親が会社の集会で話すシーン。
ここは本当にぐっと来ました。

久々にかなり感動できる映画を見ることができました。
ぜひ見てください!!
スポンサーサイト
有頂天ホテル
有頂天ホテル見てきました。

三谷幸喜監督の新作でさすがに人が多かったです。

舞台は大晦日の夜、あるホテルの出来事。
ちょっとわけありの客たちとホテルの人間たちの
おりなすドタバタコメディー。

見所は何よりも豪華キャスト。
よくもこれだけ集めたなというメンバーです。
しかもみな一癖も二癖もあるような役柄でした。
特にオダギリジョーと唐沢寿明。
二枚目で他なら主役を張ってもおかしくないようなこの二人が、
ちょい役でかなりかわった役柄をしていたのには笑えました。

この映画は感動映画ではありません。
特にストーリがあるわけでもありません。
場面がころころ変わり、展開がとても速いです。
しかし随所に笑えるところがあり三谷幸喜ワールドが楽しめます。
見に行く人は何も考えずに見ることをおすすめします。
きっと楽しめることでしょう。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ターミナル
銀色の神のアギトが不発だったので
というわけではないんですが、
TUTAYAがちょうどレンタル100円をやっていたので
前から見たかったトム・ハンクス主演の「ターミナル」を借りてきました。

ターミナル DTSスペシャル・エディション<2枚組>
トム・ハンクス スティーブン・スピルバーグ キャサリン・ゼタ=ジョーンズ

ターミナル DTSスペシャル・エディション<2枚組>
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン コールドマウンテン 遥かなる大地へ ミスティック・リバー エクソシスト ディレクターズカット版
by G-Tools

これがなかなか満足でした。


人はみな何かを待ち続けている。

男は待ち続ける。

約束を守るため。


空港から出ることが出来なくなった男がそこで
色々な人に出会い、様々な出来事にめぐり合う。

友情あり、恋愛あり、
さらに一文無しでもたくましく生活していく様は
なかなか痛快で面白かったです。

やっぱ映画はいいですね。
また、いい映画見たいですね。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

銀色の髪のアギト
銀色の髪のアギト見てきました。

いやーひどかったです。
なんか色々詰め込もうとしているのに
どれも中途半端な感じでうすっぺらい内容になってました。

無理な展開があったり、説明足らずだろって思う部分も多かったし、
主人公もヒロインが好きで一途に追っかけるんだけど、
どこで好きになったの?ってぐらいヒロインとの間には
何にもなかったような気がするし。(まあ一目ぼれ?)
なんかだかなーって感じでした。

もっとある一部分にスポットをあてて、
深くいったほうがよかったんじゃね?って感じです。

まあよかった点は映像がきれいってとこと、
KOKIAってひとの歌ぐらいですかね。

あ、あとよいこの濱口はまあまあがんばってました。

いい映画みたいなー。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

チャーリーとチョコレート工場
チャーリーとチョコレート工場見てきました。

なんだかイメージとちょい違いましたが面白かったです。
はじめは題名からいい話だと思っていたんですけど、
かなりシニカルな部分が多くありました。

それは主人公以外に4組の親子がいるんですが、
これがまた馬鹿親子で、
それ人たちがどんどんひどい目にあっていくんですよ。
監督はこういう人達がすげー嫌いなんだろうなって、感じがしました。

それにこの映画にはウンパ・ルンパという小人が出てきます。
これがまたすごいおっちゃん顔で笑えます。
このちびおっちゃんがコミカルにダンスを踊りシニカルな歌を
歌っている姿はサイコーでした。

それにしてもジョニーデップはすごいな。
いろんなかわった役をこなしているんだからな。

久々に映画を見れてよかった。
やっぱ映画は映画館で見るのがいいっすよね。

テーマ:チャーリーとチョコレート工場 - ジャンル:映画

世界の中心で、愛をさけぶ
セカチュウ見ました。
テレビでやるまで見ていませんでした。

感想としては、やっぱこういうのは映画館で見ないとだめだということですね。
コマーシャルウザイです。
ところどころCMが入ってくるので、なんかいまいち感動できなかったです。

内容はまあよかったと思います。
やっぱり「助けてください」のところは、見所でしたね。
亜紀のために何もできない朔太郎の心の叫びがジーンときました。

やっぱり長澤まさみ、柴咲コウかわいいっす。
タッチ見たいですね。
コンスタンティン
コンスタンティン見ました。
内容はあまり知らず借りたんですが、
いやーキアヌ・リーブスやっぱカッコええな。

感想としては、もうひとつでした。
主人公がエクソシストというのはいいんだけど、
神様やらサタンやらが実際に出てきて(しかも普通っぽいおっちゃん)、地獄までいったりして、
なんだかいろいろ詰め込みすぎじゃね?って感じでした。

最初のシーンで出てきた槍についても相当重要だろと思ったら、
ほとんど出番なかったし。

んーなんだかなー。
カンフーハッスル
カンフーハッスル見ました。

んー結論から言うと少林サッカーのがよかった気がします。
なんだかストーリーも、もうひとつでした。
まあ、あーいう映画にストーリーを求めるのも間違いかもしれないっすけど・・。

ところどころは面白いとこもあったけど、
人死にすぎでおいおいって感じたところもあったりしました。

最後、といっても爺さんのとこじゃなくてその前のシーンはなかなかいい感じでした。
copyright © 2005 いち漫画好きの日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。